身長は遺伝だけでは決まらない?両親の身長は関係ない!

  • 身長について悩みのある方は、自分自身の身長が低いため、子供も身長が伸びないんじゃないかと不安
  • 自分の両親の身長が低いため、自分も身長が伸びないんじゃないかと不安

といった方が多いのかなと思います。

 

これらの方に共通するのは、身長は遺伝だけで決まると思っていることです。

 

でもよく考えて下さい。両親の身長は平均身長より低いのに、子供の身長は180㎝オーバーという親子を見たことないですか?

 

実は身長と遺伝の関係は20~30%という研究結果があります。

 

この割合を多いと捉えるか少ないと捉えるかは別にして、遺伝以外の70~80%の要因で身長を伸ばすことができるということなのです。

 

先ほど少しお話した、両親の身長は低いけど子供の身長は180㎝オーバーと高い親子の場合、もしかしたら遺伝と身長の関係は20~30%ということを知っていたのかもしれません。

 

知ったうえで、後天的に身長を高くする努力をしていたのかもしれませんね。

 

身長を伸ばすために大切な3つのこと

身長を伸ばすために大切な3つのことについては、すでにご存じかもしれません。ご存知の方は読み飛ばして頂いて構いません。

 

ご存知ない方は、ぜひチェックしてみて下さい。身長を伸ばすために大切な3つのことは以下の通りです。

  • 栄養
  • 運動
  • 睡眠

 

このことを知っている方は多いかもしれませんが、実際に何か行動に移している方は以外と少ないようです。
1つずつ解説していきます。

 

栄養

栄養は、人間が生きていく上で一番大切なことですが、当然身長を伸ばすためにも大切です。では身長を伸ばすために必要な栄養にはどのようなものがあるか代表的なものを説明していきます。

 

タンパク質

筋肉を作るために必要不可欠なタンパク質。

 

カルシウム

丈夫な骨を創り上げるために必要なカルシウム。

 

ビタミンD

筋肉や骨の成長を促進する働きがあるビタミンD。

 

亜鉛

男の子の発育に特にかかわると言われている亜鉛。

 

これらの栄養素を毎日必要な量摂ることが身長を伸ばすうえで大切になってきます。ただ、これらを食事からだけで摂るのは現実的ではありません。毎日ものスゴイ量の食事が必要になってしまいます。

 

そのため、食事で足りない分をサプリメントで補うというのが現実的な方法です。サプリメントの方が効率的に摂ることができますからね。

 

おすすめの成長に関する栄養を効率的に摂ることが出来るサプリは、口コミでも評判のノビルンです!

 

運動

次に大切なポイントは運動です。そこまで激しい運動はしなくても、毎日の生活に適度な運動を取り入れることが大切です。

 

例えば、ウォーキング、ジョギング、なわとびなど手軽にできる運動がおすすめです。あるいは、何か好きなスポーツがあるようでしたら、習い事やチームに入れるなどすれば、本人が率先して運動をするようになります。

運動が身長のために良い理由の1つに「肥満」にならないことがあります。

 

これは私も本を読んで知ったのですが、肥満になると成長ホルモンの分泌が低下してしまい身長の伸びに影響してしまうみたいです。だから、肥満にならないように適度運動と栄養バランスの良い食事が大切になってきます。

 

もしお子様があまり運動が得意ではないという場合は、親子で散歩するなどから始めてみてはいかがでしょう?

 

人間は3週間継続できれば習慣化されると言われています。習慣化されるまで頑張れば、あとは自然に運動するようになります。

 

睡眠

そして最後は睡眠です。実は身長は夜寝ている時に一番伸びます。それは、人間の体内で成長ホルモンが一番多く分泌されるのが夜眠っている時だからです。

 

ただ、長い時間寝るだけじゃなく、質の高い睡眠をとることが大切です。そのため、夜寝る前にゲームをしたり、スマホを見たりという悪い習慣はやめさせるようにしましょう!

 

身長伸ばすためには思春期前までが勝負!?

身長を伸ばすためには大切な3つのことは「栄養」「睡眠」「運動」とお話してきました。
では、これらのことをいつまで意識する必要があるのでしょう?

 

実は身長の差というのは、思春期になる前に伸びた身長差が大きく関係しているらしいんです。

 

思春期には個人差がありますが、男子は平均11歳頃、女子は平均10歳頃です。つまり、思春期までにどれだけ「栄養」「睡眠」「運動」に気を付けたかが将来の身長に関わってきます。逆に言うと、思春期までの期間が長いほど、身長が伸びる期間が長くなるため有利になります。でも思春期にならないように出来ることなんてあるのでしょうか?

 

思春期にならないようにするのは難しいのですが、思春期を早めてしまうリスクを抑える方法はあります。

  • 肥満にならない
  • 女子はカロリーのとりすぎに注意

ということに気をつけることで思春期を早めてしまうリスクを抑えることができます。